「がんばらなくても通る声」に変えられる(共鳴発声法)

●声を出したり、人と話すのが苦手に……

こんな経験はありませんか?

・会話中に「え? なに?」とよく聞き返される
・店員さんを呼んでも気づいてもらえない
・電話口でも言葉がうまく伝わらない
・会議やプレゼンテーションで「もう少し大きな声で」と促される
・元気に挨拶できている人を見て、自分はできていない……と凹む

こんな場面を思い出すだけでも、つらくなってしまいそう。

声を出したり、人と話したりすることに苦手意識を抱いてしまいますよね。

でも、大丈夫。この悩みはやがて解消します。「声のサロン」に通うレッスン生なら、なおさら早く解消します。

なぜなら、「声は発声法で変えられる」からです。

 

●共鳴発声法で声は変えられる

「声は生まれつき決まっていて、変えられないのでは?」と質問されることがあります。

もちろん、変えられます。すぐに変えられます。数分で変えられます──と聞いたら、にわかには信じられないかもしれません。

でも、本当です。ただし、数分で起こせる変化は「それなり」ですけれどね。

ちゃんと発声法を身につけないと、数分程度で変えた声は定着せず、元の発声に引き戻されてしまいます。

それでも、トレーニングの入り口として「声は変えられる」と知っておいてください。

変えられるどころか、変えないともったいない。

誰でも発声法を変えるだけで声が変わるのに、今のままの声を続けて、「何度も聞き返される」「呼んでも気づいてもらえない」「大きな声を出せと叱られる」現状に甘んじているのは、本当にもったいない。

まずは「がんばらなくても通る声」の出し方を覚えて、使ってみましょう。

冒頭の悩みをもう一度眺めてみてください。

会話中に聞き返されたり、呼んでも気づいてもらえなかったり、といった状況は、「がんばらなくても通る声」が身についたら、すべて改善するのではありませんか?

 

●「話し方」も変えられる

発声法を変えれば、声は変わります。

声が変わると、「話し方」が自然に変わります。

それはそうですよね。今まで、どこか遠慮がちに、おずおず話しかけていた場面で、しっかり通る声で堂々と話しかけられるのです。

今まで、自分の声が通らない言い訳に、「うるさい話し方はしたくない」「図々しい人になりたくない」などと本心ではない理由をでっち上げ、いつしか半ば本気でそう思うようになっていたのが、説得力のある信頼感を与える声で商品の説明をしたり、プレゼンテーションしたりできるのです。

今まで、「何が言いたいのかさっぱり分からない」と突き放されていたのが、「いやあ、キミの話し方につい引き込まれたよ」と感心されるのです。

つまり、発言力が変わります。存在感が変わります。他者からの評価が変わります。

さあ、声を変えましょう。「がんばらなくても通る声」を出す時間です。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です