「冬景色」をウクレレ弾き歌い


●「冬景色」のウクレレ弾き歌い用楽譜




●冬景色






●イタリア古典歌曲「Star Vicino」の単語リスト

●イタリア古典歌曲「Aria di Chiesa」の単語リスト







『Fenesta che lucive』をウクレレ弾き歌い

●『Fenesta che lucive』をウクレレ弾き歌い

次のウクレレ弾き歌い課題曲は、「Fenesta che lucive」(光さす窓)です。

古い歌ですね。楽譜にも「anonimo」とあるように、作詞・作曲者不詳であるくらい古い。

昔のシチリア民謡をG.コットラウが採譜して、修道僧のG.ジェノイノがナポリ語の歌詞に作り替えた、という説もあるそうです。

歌詞は暗い内容なのに、なぜかオペラ歌手が好んで取り上げたり歌ったりするのは、メロディーにえもいわれぬ美しさがあるからでしょう。










Jingle Bells(ジングルベル)

●「ジングルベル」(Jingle Bells)をウクレレ弾き歌い







●The First Nowell(牧人ひつじを)ウクレレ弾き歌い楽譜



●Joy to the World(もろびとこぞりて)ウクレレ弾き歌い楽譜

『平城山』(ならやま)をウクレレ弾き歌い

●『平城山』(ならやま) 北見志保子作詞、平井康三郎作曲

古の奈良の都を思う詩に、昭和10年に曲がつけられ、広く愛唱されてきた美しい歌です。

歌詞は二首の短歌からなる万葉調なので、難解なところがありますが、何度も音読して覚えてしまえば、意味は自ずから感じ取れるようになるものですね。

人恋ふは 悲しきものと 平城山に
 もとほり来つつ 堪え難かりき

古へも 夫(つま)に恋ひつつ 越へしとふ
 平城山の路に 涙おとしぬ

(現代語訳)
人を恋しく思うのは悲しいことだと
平城山をめぐりながら とてもつらく感じた

昔の人も恋焦がれながら越えたという
平城山の道で 私は悲しく涙を落とした

共鳴のトレーニングとして、ウクレレ弾き歌いをしてみましょう。


●「平城山」の楽譜と歌詞

『平城山』






* * *

「声のサロン」(オンラインで学べる社会人のための話し方発声レッスン)でトレーニングしたい方はこちらからどうぞ


Amazing Grace(アメイジング・グレイス)をウクレレ弾き歌い

●名曲をウクレレ弾き歌い


Amazing Grace(アメイジング・グレイス)をウクレレ弾き歌いできるように、練習を始めましょう。

こんな名曲をウクレレで弾き歌いできるようになったら、素敵ですね。

大丈夫、順を追って進めていけば、必ずマスターできて、最高に気持ちいいレパートリーが手に入ります。

一生の宝物になりますから、バッチリ仕上げましょう。

この歌は、多くの歌手がいろいろなアレンジでさまざまな歌い方をしているので、「どれが本当?」と迷ってしまいますね。

わりとクセのないシンプルな歌い方としては、こちらはいかがでしょう。



●アメイジング・グレイスの歌詞と単語



●アメイジング・グレイスのウクレレ楽譜(ト長調)



●Angels We Have Heard on High(荒野の果てに)の楽譜



●Joy to the World(もろびとこぞりて)の楽譜




* * *

オンラインで受けられる共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本