「発声トレーニングは初めてですが、ついていけるでしょうか」

●発声トレーニングの経験がない方へ──むしろ好都合です

共鳴発声法を習いたい方から時々こんなお問合せがあります。

「今までに発声トレーニングをした経験が一度もないのですが、レッスンについていけるでしょうか」

ほかにも、「年齢が○代なのですが、この歳でも間に合いますか」というご質問もたまにあります。

お答えしますね。

今までに発声トレーニングをした経験がないのは、むしろ好条件です。

発声や話し方に対する先入観や癖がないので、レッスンの受け方が素直で、伸びが早い。

癖のない良い発声が身につきます。

発声指導者と話していると、よく耳にするのが「経験者ほど困る。ヘンな癖がついているから、癖を直すところから始めなければならない」という嘆き。

よけいに時間がかかるわけです。

「アナウンサー経験者は入り口でまず時間がかかる」
「音大卒業者でもコンコーネ50番からやってもらうことにしている」
※コンコーネ50番は声楽科の学生が最初に歌わされる練習曲集

と話していた指導者もいました。

発声トレーニングの未経験が、不利にならないどころかむしろ好都合であることがおわかりいただけたでしょうか。

絵画と同じで、まっさらなキャンバスに一から描いていくのが、最も早くて素直な描き方です。

未経験だからと引け目を感じる必要はまったくありません。安心していらしてください。

 

 

●「ちゃんとした発声が身についていれば、逆に早いのでは?」

 

「ヘンな癖がついていたら直すのが大変でしょうが、ちゃんとした発声が身についていれば、逆に早いのでは?」

と思うかもしれません。私も以前、そう思っていました。

ところが、なかなかそう都合よくいかないのがつらいところです。

ほんの微調整くらいで、あとはトレーニングを上乗せしていけるなら、指導者としては助かるのですが、なかなかスムーズにはいきません。

むしろ気持ちの問題が大きいのかな、と今は思っています。「私はある程度発声をやってきたから、基礎的なところはできているはず」という気持ちが邪魔をして、「ほんの微調整」すら簡単にはできない。

レッスンが入っていかないのです。

ある声楽家の門を叩いた生徒は、「私は違うふうに教わりました」などと反応して、「それなら元の先生に教わったらいかがですか?」と帰されたと聞きます。

トレーニングは登山と似ていて、登山道Aで途中まで登ってから、登山道Bに切り替えるのは難しいんですよね。

 

 

●ネット等であれこれ調べるタイプも危うい

 

ほかに、発声指導者やボイストレーナーから最近よく聞くのが、「生徒さんが熱心なのはいいのですが、ネットや本で発声法についてあれこれ調べて、こう書いてあったとか、○○発声法というのをやってみたいとか言われ、詳しく聞いてみるとたいてい的外れなテクニックなんですよね」というぼやき。

わかります。熱心なあまり、いろいろ覗いてみたくなるのでしょう。

まあしかし、本当に熱心な受講者は、レッスンで言われたことだけを正確に徹底的に実行しようとするので、「熱心だからネットで調べる」というのはちょっと違うかもしれませんね。

「混ぜるな危険」の法則を聞いたことがあるでしょうか。「指導法を混ぜると伸びない」という法則です。

つい先日も発声指導者から、「歌のレッスンを見ていた学生が、春休みに帰省したときに地元の歌の先生に何回かレッスンをしてもらったらしく、帰ってきたら発声がガタガタにズレていて、一からやり直しだった」という話を聞きました。

数年前には、別の発声指導者から「学生が長期の休みに帰省して戻ってくるたびに、なぜか発声がおかしくなっていて、聞いてみたら──」という話も聞きました。似たタイミングで似た危機があるのでしょうか。

いずれの先生も、「こんなことを繰り返すなら教えられないから、誰に教わるのかを自分でちゃんと決めなさい」とたしなめたそうです。

その「地元の先生」がどうというより、複数の指導法を混ぜるのがいけないんですよね。

今どき、どんなことでもネットで調べると、情報があれこれ出てきます。しかし、情報は玉石混交で、しかも「玉」のほうだけを選び取るのは至難の業です。

本人は「べつに真に受けてはいません。ちょっと調べてみただけ」なんて言うそうですが、やっぱり見聞きすると少なからず影響が残るようで、長期的に見ると「あまり伸びずに中途で挫折するタイプ」になってしまうようです。

「違う発声の癖がついてしまう」というのは、今までの積み重ねを一気に台無しにしてしまうくらい、これほどまでにマイナス影響の大きな出来事だということです。

 

 

●まっさらになって取り組めば大丈夫

 

私も「声のサロン」会員には、丁寧に正確に共鳴発声法を身につけていただきたいと願っています。

まっさらな素直な気持ちで取り組む人が、最もスムーズに良い発声を身につけます。

その点では、経験があろうとなかろうと、何歳だろうと、同じです。

年齢でいうと、若年層ほど伸びが早い傾向は確かにあります。

しかし、それは決して身体的な理由ではなく、歳を重ねるうちに声や発声法に関する先入観や思い込みが多くなって、まっさらに、素直になりづらい人がいるから、と推測しています。

事実、何歳だろうと素直に取り組む人は、上質な伸びを見せます。

トレーニングの取り組み方次第です。

発声トレーニングの経験がなくても、何も心配いりません。安心して始めましょう。

発声トレーニングの経験があるなら、あるいは年齢を気にしているなら、一日も早く早く始めましょう。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です