Stille Nacht(きよしこの夜、Silent Night)の歌詞

●Stille Nachtの歌詞、読めますか?

レッスンで取り上げている「Stille Nacht」(きよしこの夜、Silent Night)の歌詞を、あまり意訳せずに、ほぼ直訳で、原文がわかりやすいように訳してみました。

どの語がどういう意味かがわかるように、Wordで作ったものを画像にしてそのままの形で載せます。

見えるでしょうか。

* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でウクレレ弾き語りを使った社会人向け発声話し方スクール


オーラルフレイルの予防に最適なのは「話す、歌う」

●口が弱ると老ける

「オーラルフレイル」って聞いたことがありますか?

オーラル(oral)は「口」、フレイル(frail)は「弱い、脆い」で、口腔機能の衰えを意味する言葉です。

オーラルフレイルによって、健康寿命が短くなり、将来の介護リスクも高まるとされています。

口が弱ると、老けるんですね。

口が弱れば栄養が不足し、脳や全身の筋力が衰えます。外出が億劫になって出かける機会が減り、体の不調がますます悪化していきます。

引きこもりがちになれば、しゃべる機会が減ります。会話は非常に高度な脳の活動なので、しゃべらなければ脳や心への刺激が少なくなり、意欲の低下につながります。

東京大学高齢社会総合研究機構による研究では、オーラルフレイルによって4年後の要介護や死亡リスクは、健康な人の2倍以上に高まるとされています。

怖い怖い。口を鍛えましょう。


●声を出す人は口が弱らない

日常的に高い強度で声を出す人は、長命といわれます。

毎日必ず読経するお坊さんは、長生きなのだそうです。声を出すから、口が弱らないのでしょうね。

統計学的に有意なデータが取れるほど僧侶の数が多いのか知りませんが、確かに長生きのイメージはあります。

声楽家や落語家なども、長生きなだけでなく、「頭がしっかりしている」のがわかりますね。

ご高齢でイキイキしている声楽家と話していると、ストレスに強い(ストレスをあまり受けていない)ように感じます。声を出すことで、ストレスを吹き飛ばしてしまうかのようです。

ぐちぐちとつまらないことを考えていると声に良くないので、余計なことを考えない習慣が身についているのでしょう。

昔から冗談半分に、「高音を出すテノール歌手は頭を使わない」(くよくよ考えるタイプは良い高音が出せない)といわれています。

人の脳を売買する商人が、「これは有名なテノール歌手の脳だから、高い。なにしろ未使用だから」と語るジョークがあるくらい。

声とストレス、そして健康寿命とは、深く関わっているということですね。


●声のサロンはオーラルフレイル改善プログラム

健康寿命を延ばす秘訣は、「話す、歌う」。

最近、歌っていますか?

といっても、がむしゃらに声を張り上げるだけでは、喉を傷めてしまいます。

声帯のポリープが悪化して、手術しても声が改善せずに引退する歌手もいるくらいだから、なんでもかんでも声を出せばいいわけではありません。

声帯に負担のかからない発声で、「出していて気持ちいい声」を出すのがいい。

話すときも、楽に良い声で話す。

となれば、共鳴発声法ですね。

声のサロンは、オーラルフレイル改善プログラムともいえそうです。

さあ、良い声で話し、歌いましょう。

* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でウクレレ弾き語りを使った社会人向け発声話し方スクール


通る声は共鳴発声法でマスターしよう(ウクレレ弾き歌い)

●通る声の秘密は「共鳴」

「声が届かなくて、よく聞き返されるんです」
「通る声の出し方を教えて」

というご相談は、頻繁にいただきます。

確実に届く「通る声」を身につけるには、喉を開けて、お腹の支えを覚えて、そしてやはり「共鳴」のコントロールができるレベルまでに至ってほしい。

通る声の秘密は「共鳴」だからです。

今、声のサロンでは「共鳴」トレーニングの大事なプロセスに入っていますね。

「ん~~~」とハミングを使って、ウクレレ弾き歌いをしながら「響き」を捉えるトレーニングです。

感覚がつかめてきましたか?

響き(すなわち共鳴)のコントロールを会得するのにたいへん効果的なトレーニングなので、じっくり時間を費やしてみてください。それだけの価値があるトレーニングです。


●今はとにかく「振動を味わう」

「ちゃんとできているかどうか確信が持てない」という内容のメールがすでに届いています。

よかったら、試しに録音して送ってみてください。

「響きを強める」という今回の課題ではありますが、ビリビリ振動する感じをひたすら強めようとすると、つい喉で押したり力んだりして、声帯周辺の筋肉を疲労させたり、声帯を傷めたりしかねません。

振動がわかればコントロールもしやすいので、強められるようになるといいのですが、最終的には「振動が強ければ強いほど望ましい」わけではないので(使い分けが大事になっていく)、今は必死に強めようとして力むのではなく、ただ「振動を味わう」くらいでいいですよ。

思い出してみてください。

無造作にハミングしただけでも、鼻はビリビリと振動していましたね。ということは、ナ行やマ行などの鼻音は特に、今までだっていつもビリビリしていたはずです。

でも、マとかナとか言うたびに「うわっ、鼻がビリビリ震えている」と驚いたり喜んだりしていなかったでしょう。

つまり、「振動しているかどうか」より、「振動していることを自覚しているかどうか」が大事。

自覚できると、今までどれだけ不安定に、気まぐれに、無自覚にビリビリやっていたかに気づきます。

その状態では、気分によって声が強まったり、不安になると声も不安定になったり、イライラすると声の出だしばかりウワッと強くなったりと、心理状態に翻弄された発声、話し方になってしまいます。

共鳴コントロールとは、共鳴を意識的にコントロール下に置けるようになることです。

「発声には声帯が生み出す振動を必ず伴う」という当たり前の事実に、まずはしっかり気づきましょう。

* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でウクレレ弾き語りの方法を習う教室

外郎売(話し方トレーニングのための資料)

●「外郎売」の全文です

「声のサロン」今月(2020年7月)のトレーニングで使う『外郎売』の全文をPDFファイルでご用意しました。

話し方、発声のトレーニングでは定番の題材なので、手元に持っておいて損はありませんね。

今回の課題は「只今はこの薬」から「系図正しき薬でござる」までです。

発声に気をつけながら録音して、メール添付で送ってください。

* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でウクレレ弾き語りの方法を習う教室

オンライン声のサロンレッスン(2020年7月1回目)

●なぜ「上達が止まる」ことがあるのか

さあ、今月も肩甲骨をやわらかく使いながら、楽しくレッスンしましょう。

7月2日(木)は夕方5時から、4日(土)は夕方6時から、オンラインでおこないます。

喉に頼らずに声を出して話す感覚、わかってきましたか?

今回も丁寧かつ慎重にトレーニングしましょう。

ところで、この「丁寧かつ慎重に」は、ちゃんと上達できる「練習」のコツです。

今回のレッスンでは、「練習」で最大の成果を上げる方法についてお話しします。

「練習」は技術を身につけ、技量を高めるのに必要な活動です。しかし、がむしゃらに練習すれば成果が上がるわけではありません。

「練習したのに、前より下手になった」という相談メールが届いたことがあります。

本当は上達しているのに自分では下手になったと感じているケースもあれば、実際に練習の仕方がまずくて下手になっている(よくない癖がついてしまった)ケースも中にはあります。

それよりなにより、おそらく誰もが経験したことのある、不思議な事実があります。

それは、「上達し続ける人と、上達が止まる人がいる」。

今回はこの不思議について取り上げつつ、すでに何かで頭打ちを感じている方が現状を打破して次の段階へと進めるように、「正しい練習の仕方」を覚えていただきます。

声のサロンで取り組む発声や話し方やウクレレに限らず、仕事のスキル、職場での技能、スポーツや習い事など、上達し続けるにはポイントがあります。

どんな練習でも時間をかけさえすれば伸びていくかといえば、そうはいきません。

せっかく時間を費やすのだから、成果の上がる効果的な練習をしましょう。


●今月の課題曲(楽譜のPDFファイル)





* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でウクレレ弾き語りの方法を習う教室

O primavera(Pier Adolfo Tirindelli)

楽譜と歌詞、単語リストなどをこちらにご用意しました。

楽譜と歌詞



単語リスト



* * *

ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
通る声、届く声の出し方の本
新潟市でランチやパフェのテイクアウト