ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

共鳴発声法を確実にマスターする方法──1回だけで伸びる

●徹底的にやると伸びる

発声や話し方のトレーニングをしていて、急激にぐんと力が伸びることがあります。

伸び方は人によって異なり、当然違っていいわけですが、一人を見ていても、なかなか思うように伸びずに苦労していた人が、急にぐんと伸びたりする。

指導する立場としては、「この変化はなにゆえ?」と気になります。

どういうタイプが伸びやすいのか、どうなれば伸びるのか、とあらためて意識してみると、顕著な傾向が分かります。

月並みではありますが、「素直な人ほど伸びる」といえるし、「徹底的にやる人は伸びる」といえます。

つまり、「声のサロン」に通う会員のみなさんは、伸びるタイプの典型であるわけです。

発声トレーニングのメニューを素直にこなし、徹底的に練習していますね。

それが伸びるコツです。

では、逆に「伸びないタイプの典型」は何か。

怖いことに、そういうのもあるのです。


●先入観が邪魔をする

伸びないタイプの典型は、「先入観が強いタイプ」です。

声や話し方についての先入観を何かしら強く持っている人は、新しいレッスンがなかなか入っていきません。

自分の中にある先入観が邪魔をして、追い返してしまうのです。

・こういう声が良い声
・こういう声が好き
・こういう話し方が上手な話し方
・こういう話し方は下手

といった思い込みや偏見、好き嫌いをもともと持っていると、後から良い技術が入るスペースがなくて、入りにくい。

たとえば「イは口を横に引かない」と言われても、「イ~だ」と唇を横に引くという思い込みが完全に払拭できないうちは、どうしても唇が横に行きたがる。

本人はそんなつもりはないのに、体が勝手に唇を横に引こうとするのです。

レッスン日に良い形に直されても、次回のレッスン日までにじわじわと戻って、延々と同じ繰り返しになってしまいます。

ビーンとした強い声を「良い声」と感じていた人は、声帯の正しい使い方を習っても、「さあ、しっかり発声練習しましょう」なんて促されると、声帯にぶつけるような強引な発声をしようとする。

良い声や好きな声の感覚は、発声トレーニングをして技術が高まってくると、必ず変わります。

「違いが分かる」ようになるからです。

先入観に足を引っ張られないように、まっさらな気持ちになって声のトレーニングに取り組むのが一番です。


●忙しいときほど徹底して

発声や話し方は特に生活に密着した行為なので習慣になっていて、ホメオスタシス(元の状態に戻そうとする力)が特に強く働きます。

「元のやり方」に戻ってしまいやすいのです。

「結局元のまま」に戻らないように、丁寧にトレーニングを積み重ねていくことが大事です。

「日々の継続」ですね。

いつも熱心にトレーニングを続けている方でも、仕事がすごく忙しい時期が続いたり、体調を崩して寝込んだりすると、なんとなくそのままズルズルとトレーニングをしない日々が長引いてしまうことがあります。

忙しいときほど、隙間の時間を見つけてトレーニングしましょう。

3分でもいい。

3分を拾ってトレーニングに使うか使わないかで、大違いです。

「30分ぐらいはトレーニングしたい」と思っている人は、3分あっても「時間がない」と判断してしまうかもしれません。

翌日の仕事のために夜11時には寝たいとして、時計を見て10時50分になっていたら、「あ~ぁ、今日も忙しくて発声トレーニングができなかった」とあきらめてしまうかもしれない。

でも、「走れメロス」の冒頭を1回だけ朗読するくらいなら、できるでしょう。「都の大路をぶらぶら歩いた」まで読んでも1分か1分半です。

どんなに多忙でも、1分半も確保できない、ということはありませんよね。

2~3回読んでも、まだ11時になりません。

このようにして、時間が十分に確保できないときに、1回だけ朗読する、1曲だけ歌う、という行動をするかしないかで、非常に大きな差がつきます。

「たかが1回ぐらいで」と思うかもしれません。

しかし、0回と1回の差は、無限に大きい。

わずか1分を、3分を拾って、1回でいいから声を出すのが、「徹底」です。

徹底的にやりましょう。必ず伸びますよ。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

声で一皮むけよう(あなたの発声をワンランクアップ)

●話し声と歌声、どっちが得意?

何かのキャッチフレーズみたいなタイトルですが、「声のサロン」会員のみなさんに向けた事務連絡みたいなものです。

これから「一皮むけた」と実感できる声になるためのレッスンをしていきます。

ところで今、「話し声と歌声、どちらが得意ですか」と質問されたら、あなたの答えはどうですか?

声を気にしていない人や、発声トレーニングをしていない人なら、質問の意図が分からず不可解に思うかもしれませんね。

「話し声より歌声のほうが得意って、あるの?」
「人前で話すのは苦手だけど、それとは違うのかな」

でも、真剣に発声トレーニングをしてきたあなたなら、何らかの答えを持っているでしょう。

おもしろいもので、歌声と話し声に対する感覚は、変わります。しかも、トレーニングの時期によって入れ替わりもする。

たとえば、初めのうちは話し声のほうがとっつきやすく、「声」というより「話し方」を少し整えれば印象が変わるので、まもなく自信がつきやすい。

その反面、歌声は「話し声のトレーニング」に必要なことも理解しているし、基本的には歌声も話し声も同じであると分かっているけれど、やっぱり難しい。

古典歌曲を歌ってみても、上手な人と比べて声の質に明らかな違いがある。

「話し声のほうが自信がある」「歌は苦手」「歌声に自信が持てるようになりたい」なんて思う。

ところが、しばらく経つと今度は、「歌声が以前と比べて格段に良くなったと褒められたし、実感もある」「でも話し声のほうが変わり映えがしない」と感じたりする。

そういうものですから、安心してください。共鳴発声法の技術は全体として高まっていきます。

また、「歌声が」「話し声が」と区別をして比較しがちですが、やがて「どちらも同じ発声」という捉え方になってきます。

これから「声のサロン」のレッスンで、一皮むけましょう。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com