声で一皮むけよう(あなたの発声をワンランクアップ)

●話し声と歌声、どっちが得意?

何かのキャッチフレーズみたいなタイトルですが、「声のサロン」会員のみなさんに向けた事務連絡みたいなものです。

これから「一皮むけた」と実感できる声になるためのレッスンをしていきます。

ところで今、「話し声と歌声、どちらが得意ですか」と質問されたら、あなたの答えはどうですか?

声を気にしていない人や、発声トレーニングをしていない人なら、質問の意図が分からず不可解に思うかもしれませんね。

「話し声より歌声のほうが得意って、あるの?」
「人前で話すのは苦手だけど、それとは違うのかな」

でも、真剣に発声トレーニングをしてきたあなたなら、何らかの答えを持っているでしょう。

おもしろいもので、歌声と話し声に対する感覚は、変わります。しかも、トレーニングの時期によって入れ替わりもする。

たとえば、初めのうちは話し声のほうがとっつきやすく、「声」というより「話し方」を少し整えれば印象が変わるので、まもなく自信がつきやすい。

その反面、歌声は「話し声のトレーニング」に必要なことも理解しているし、基本的には歌声も話し声も同じであると分かっているけれど、やっぱり難しい。

古典歌曲を歌ってみても、上手な人と比べて声の質に明らかな違いがある。

「話し声のほうが自信がある」「歌は苦手」「歌声に自信が持てるようになりたい」なんて思う。

ところが、しばらく経つと今度は、「歌声が以前と比べて格段に良くなったと褒められたし、実感もある」「でも話し声のほうが変わり映えがしない」と感じたりする。

そういうものですから、安心してください。共鳴発声法の技術は全体として高まっていきます。

また、「歌声が」「話し声が」と区別をして比較しがちですが、やがて「どちらも同じ発声」という捉え方になってきます。

これから「声のサロン」のレッスンで、一皮むけましょう。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です