首まわりを冷やさず鼻呼吸(良い声で話すために)

●呼吸は鼻

今、鼻呼吸をしていますか?

良い声で話すには、「共鳴発声法」という技術面が最も大事ですが、ほかにも気をつけたいポイントがあります。

生身の体を楽器にするのが「発声」ですから、体を「発声に適したコンディション」に保ちたい。

特に、声のもとである喉頭原音を生み出す声帯は「冷えと乾燥」に弱いので、気をつけて守りましょう。

長時間話したり、ステージで歌ったりする出番があるなら、直前に乾燥した寒い場所を歩いたり、海風に当たったりしないように気をつけます。

もちろん口呼吸は厳禁。口には鼻と違って、乾燥や異物から身を守る機能がありません。

「呼吸は鼻」が基本でしたね。

 

●マスクとマフラー

良い声のためにぜひ活用したいアイテムもあります。

今は梅雨なので、喉には優しい季節ですが、乾燥しやすい冬はマスクとマフラーが便利です。

以前に奇妙なシーンに遭遇したことがあります。音楽ホールの楽屋口あたりに、やたらとマスク率の高い集団がいたんです。10人中7~8人がマスク着用。

みなさん、出番を待つ声楽家でした。

なるほど、声を大事にすることにかけては、世界一の集団ですからね。

首まわりを温めるのも効果的です。マフラーは便利ですね。

寝るときも、首まわりを冷やさない工夫をするといい。

「声のために」とあまりに神経質になっても不自由ですが、本番前の数日を気をつけて過ごすだけでも、だいぶ違いますよ。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です