今日のウクレレ教室(新潟市、声のサロン)

●一音一音を良い音で

ウクレレ検定10級の練習、していますか?

慣れてきたら、「一音一音を良い音で鳴らす」ことを意識しながら弾いてみてください。

ウクレレは弦が短くボディーも小さな楽器なので、「良い音」で鳴らすのがなかなか難しいですね。

だからこそ、奥が深くておもしろい。

楽器が小さいせいにしないで、「この楽器で鳴らせる最高の音を出す」という気持ちで、丁寧に練習していきましょう。

特に、1弦で弾いているメロディーの音をよく聞きながら、弾く。

ただ動きだけを覚えて無造作に弾くのではなく、「聞きながら弾く」だけで音が変わります。

「あ、今の音、イイ!」という音が出たら、その音だけ繰り返してみるのも効果的です。

指のちょっとした使い方で、出る音が変わりますよ。

今日のウクレレ教室でした。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です