「ウクレレとギター、オススメの教本はありますか?」(弾き歌い)

●オススメの教本は?

ウクレレを初めて手にした方から、「オススメの教本はありますか」とご質問をいただきました。

どんな教本でも一通りの基本は押さえてあります。適当にピンときたものを買っていいと思いますよ。

ウクレレのソロ演奏をバリバリやれるようになりたい、というなら吟味したほうがいいでしょうけれど、「歌をメインとする弾き歌いのお供」ですから、「この教本にしか書いていないウクレレの奏法テクニックが必要」なんてことはありません。

1冊ご紹介しておきますが、すでに何か購入済みであれば、新しく買い直さなくても結構ですよ。ただ、声のサロンや音色塾の会員で「レッスンでするとおりに正確にみっちりやりたい」という方は、持っていて損はないでしょう。

『メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本』(佐藤 雅也 著/リットーミュージック・ムック)



●ギターの教本は……

ギターの教本にも、良いのがあります。

『これで弾ける クラシック・ギター奏法マスター【初級編】』(平倉 信行 著/ドレミ楽譜出版社)

先ほど確認したらすでに絶版になっているようでガッカリしかけましたが、いろいろなところでまだ手に入るようなので、こちらをオススメとしておきます。

●ただし「弾き歌いの教本」ではありません

ただし、ウクレレもギターも「弾き歌いの教本」ではありません。

軽い「弾き語り」用なら、J-POPなどの楽譜がいくらでもあるのですが、あなたに挑戦していただきたいのはそういうものではなく、しっかりした発声(共鳴発声法)で歌う「弾き歌い」です。

だから、教本はないのです。

以前の記事で、
「楽器やジャンルによっては『世界に数人しかいない活動』にもなりうる」
「たとえばアコーディオンを弾きながらナポリターナを歌う人は、全国でも数名もいない」
とお話ししましたね。

あなたが取り組むのはそういう活動です。教本などあるわけがありません。

そんな稀で難しい活動のための「パーツ」として、各楽器の基本的なテクニックを身につけるための教本だと思ってください。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

ウクレレとギターのチューニング(弾き歌い)

●チューニングはできるようになりましたか?

ウクレレかギターを手に入れて弾き歌いへの挑戦を始めたあなた、楽器のチューニングはできるようになりましたか?

今は電子チューナーという便利なものがありますが、チューナー無しでもチューニングができるようになったほうがいいですよ。

その理由について今日はお話しします。

これだけ電子チューナーが普及し、プロの演奏家がステージで使っている(楽器にくっつけたまま演奏している)シーンすら目にする今、チューナーの使用について口やかましく言う指導者がだんだん減ってきているのは確かでしょう。

しかしそれでも、従来のような「耳でのチューニング」を支持する指導者は多くいて、語る理由もいちいち納得できるものばかりです。

まず、アコースティックな(電気を使わない)楽器を演奏するのに、電気の助けがないとチューニングできない、という状態に抵抗感や疑問のある方は多いようです。

ある先生は、お弟子さんの発表会のエピソードを話してくれました。ステージに出てから調律がおかしいのに気づいたお弟子さんが、チューナーがないとチューニングができないので、ステージから下がって先生に「お願いします」と楽器を手渡したのだそうです。

普段、電子チューナーの使用について特にコメントしたことのなかった先生は、その日から「チューナー無しでのチューニング」の練習を全員にさせたといいます。

また、別の生徒さんは、発表会などの特別なシーンではありませんが、普段の練習時にチューナーの電池切れのせいでチューニングができなくなって、「こんなちっぽけな道具一個のせいで、楽器が弾けなくなるとは」とショックを受けたという。

さらに別の生徒さんは、レッスン日に「チューナーを忘れた」と先生に伝えたら、「大丈夫、大丈夫」とピアノを鳴らしてくれたのに、ピアノの音を聞きながらのチューニングがまったくできなかったそうです。

いつもはチューナーの画面に表示される記号を便りにチューニングしているので、耳で音を聞いても音が合っているのかどうか判断できなかったというのです。

この状態について、「音を耳でなく目で判断する……それは音楽をやっていると言えますか?」と苦言を呈した指揮者もいました。

確かにそうだなあ、と私も思います。「A(ラ)というのは、チューナーを近づけたときにAと表示される音です」では、なんだか音楽っぽくない。

電子チューナーを使うべきではないなんて言いませんが、少なくとも、チューナー無しで「も」チューニングができるようになりましょう。

楽しい弾き歌いへの第一歩です。

なにより、チューナーを使わずにサクッとチューニングできる自分になったら、楽器を自由に扱っている感覚が強まって、楽しいではありませんか。


●1オクターブ間違えて弦を切るミス

具体的なチューニングの方法は、前回の記事でご紹介した教本に載っているので、ここでは省きます。

気をつけたいのは、1オクターブ間違えて音を高くしすぎて、弦を切ってしまうミス。

私もアコースティックギターでやったことがあります。音高を1オクターブ間違えるというのは、はっきり言ってショックで、軽く自信喪失しますが、撥弦楽器は勘違いしやすい気がします(と言い訳)。

バイオリンの調律で1オクターブ勘違いなんて絶対にしないのに、アコーディオンでも遠く離れたところにある音と認識できるのに、音の性質って不思議です。

実はウクレレでも、弦を張り替えたときに「ん、まだぜんぜん低い」とペグをぐいんぐいん巻き続け、弦のテンション(張りの強さ)が異常にピンピンになってきて、「とっくに正しい音を通りすぎていた」と気づいたことがありました。

このミスが起こりうるのは、弦の張り替えのときです。

①隣の弦を頼りにざっくり合わせる
②弦のテンションを手で確かめながら音を上げていく

この2つの工夫で「新品の弦をいきなり切る」悲しい事故は防げます。

特に①については、いつも弦が張ってあるときは掃除が行き届かない部分を張り替え時に徹底的に磨きたくなって、すべての弦を外して裸状態にしたくなりますが、面倒でも一本ずつ外して、もともと張ってある隣の弦を頼りに近い音まで合わせてから次の弦の交換に移っていけば、勘違いのしようがありません。


●長めに鳴らそう

もうひとつ、チューニングのコツをお伝えしますと、音は長めに伸ばしながら、よく聞きましょう。

たとえば、5フレットを押さえて、次の開放弦と合わせるとき、同時に、あるいは順に鳴らして、長く伸びている音を聞きながら合わせます。

2つの音をピン、ピン、ピンとせわしなく繰り返すのではなく、長く聞く。

出したそばから音量が小さくなっていく「減衰音」の楽器なので、「大きい音でしっかり聞きたい」とばかりにピンピンとやりたくなるのもわかりますが、伸びている音の響きや変化をよく聞きましょう。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

ドレミファソラシドを弾いてみよう(ウクレレの弾き歌い)

●ウクレレのドレミファソラシド

チューニングができたら、音を出してみましょう。

ウクレレは弦が少ないので、入り口となる基本コードは簡単です。教本を見ながら「C」のコードを押さえてみると、「えっ、これだけ!?」と驚くくらい簡単。

1弦の3フレットを薬指で押さえて、残りの弦はすべて開放(押さえない)で、親指で上からジャラン。これで「C」が鳴ります。

簡単ですね~。

ほかに、「F」と「G7」ぐらい覚えれば、もう1曲弾ける。

ところで、1弦の3フレットを押さえて「C」を鳴らしたとき、何の音が鳴っているか、わかりますか?

答えは「ドレミ」です。いかにも基本、という感じですね。

では、もう一度「C」をゆっくり鳴らしながら、確認していきましょう。1弦の3フレットを薬指で押さえていますね。この状態で、上から親指でポロロン。

さっきは「ジャラン」だったのに、今度は「ポロロン」。1音ずつゆっくり鳴らしてみてください。

上からということは、4弦から3弦、2弦、1弦の順に鳴ります。

鳴る順に「何の音か」が言えるかどうか。

答えは、4弦が「ソ」、3弦が「ド」、2弦が「ミ」、1弦が「ド」。確かに「ドミソ」の組合せになっていますね。

この「鳴っている音」の確認が自力でできるようになりましょう。

そのために、今日は「ドレミファソラシド」を弾いてみます。


●3弦の開放からスタート

ウクレレの弦は上(4弦)から「ソドミラ」なので、3弦が「ド」ですね。

「ウクレレのチューニングはソドミラ」なんてかたまりで言われることもあります(ギターはミラレソシミ)。なんか変ですね。

弦の名称は下から1弦、2弦、3弦、4弦なので、その順に「ラミドソ」と言われたり、コードフォームの説明に「3000」なんて書かれたりもします(1弦だけ3フレットを押さえていて、あとは開放だから0)。

なのに「ソドミラ」という「4弦のほうから呼ぶ言い方」まで混在していたら、なんだか混乱しそう。

まあでも、上からジャランと鳴らすと4弦から順に鳴るので、不自然でもないでしょう。

では、ドレミファソラシドいきますよ。

まず、親指で3弦だけ開放(何も押さえない)でポーンと鳴らしてみましょう。

これがスタートの「ド」です。

では、次に1弦の3フレットを薬指で押さえて、1弦だけポーンと鳴らしてみましょう。

これが最後の「ド」です。

これだけ確認すれば、あとは耳を頼りにドレミファソラシドが弾けますか?

耳が頼りないときのために説明しますと、ウクレレやギターは「1フレットで半音」なので、1音上の音を出すには2フレッド分上がる必要があります。

「ミファ」や「シド」のように半音上がりたいときは、1フレット分上がります。

試行錯誤しながら、ドレミファソラシドにたどり着けるまでやってみてください。


●答え合わせ

では、答え合わせをします。

指使いも基本を示しますが、「何弦の何フレット」が合っていれば、どの指で押さえてもちゃんとドレミファソラシドが鳴ります。

ド……3弦の開放(0)
レ……3弦の2フレット(中指)
ミ……2弦の開放(0)
ファ…2弦の1フレット(人差し指)
ソ……2弦の3フレット(薬指)
ラ……1弦の開放(0)
シ……1弦の2フレット(中指)
ド……1弦の3フレット(薬指)

こんな感じで弾けていれば、OKです。右手は親指で1音ずつポロポロと鳴らしていきます。

下からドレミファソラシドが弾けたら、そのままドシラソファミレドと下降してみましょう。

スラスラ弾けると、なんだかこれだけで「ウクレレを弾いている」気分になりますね。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:言語戦略研究所
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

仕事の評価を高める「文章構成」「話の組み立て方」の能力

●なぜか仕事の評価が低い人の共通点とは

ご一緒くださる方はもうご存じのとおり、紅茶のお茶会(新潟市)で「英国といえば、コレ!」のコーナーに出演します。

英国に関するネタの中でも、「日本人にはあまり馴染みがなくても、英国人にとっては当たり前」というネタをご紹介するコーナーです。

わずか15分程度の短いコーナーですが、こうして言葉のトレーニングをしているあなたには、英国ネタとしてだけでなく、言葉のレッスンとしても聞いていていただきたいと思っています。

「文章構成」「話の組み立て方」レッスンです。

今、「言葉の調律」を進めていますね(ことば学講座)。

「単語」レベルで言葉を意識しているタイミングが多いでしょう。「この単語を、この単語に置き換える」という具合に。

その単語が浮かんでくるもとにある「考え方」が重要なのですが、今は「出てきた言葉」に注目して、自分の言葉に「気づく」訓練をしている段階です。

しかし、仕事で言葉を使う場合、単語の置き換えですべて片付くかというと、そう簡単にはいきません。

「全体像」や「流れ」を意識した「文章構成」の仕方が大事です。

これは「組み立て方」であり、「パーツの並べ方」ともいえる。

仕事での評価がなかなか上がらない人は、「文章構成」が苦手です。「流れ」を作ることができないのです。

日本人は概して、構造的な捉え方、組み立て方が苦手といわれています。ディテールにこだわったり、職人的に徹底的にやるのは得意なのに、時間を味方につけた「積み重ね」が苦手で、せっかくの成果も一代限りで終わってしまう。

せっかく取り組むなら、着実に積み重ねを続けていきたいですね。


●鳥の目と魚の目を鍛えよう

全体を見る目は「鳥の目」、流れを見る目は「魚の目」、一部だけをアップで見る目は「虫の目」と呼びます。

言葉のトレーニングでいうと、「どんな単語を使うか」は「虫の目」に相当しますね。

細かいことにこだわって、「全体の中での位置づけ」を見失ってしまうのは、「虫の目」は持っていても「鳥の目」が弱い人。

「そんなのどうでもいいだろう」「細かいことはいいんだよ」としょっちゅう叱られてしまう人は、鳥の目で見た「全体の中での重要性」を捉え損ねているかもしれません。

絵画的に全体をざっくり捉えているようでも、適切な順序に並べて話せないのは、「魚の目」が弱い人。

言葉はリニア(線的)です。流れです。

複数のことを同時に話したり書いたりできません。

良いニュースと悪いニュースがあるとして、両方とも伝えなければならないとしたら、「よし、両方を同時に伝えて中和しよう」はできないのです。

先に良いニュースから伝えて、悪いニュースは後にするか、それとも逆にするか、順序を決めなければなりません。

ビジュアルで見せたいなら、簡単ですよね。紙を左右半分に分けて、左に良いニュース、右に悪いニュースを書き並べて見せれば、相手は好きな順序で読むだけだから。

ところが、あなたが声で説明するとなったら、時間軸に沿って並べる必要がある。

これが「文章構成」です。

仕事の評価が高い人は、文章構成が、つまり話の組み立て方がうまい。

今回のお茶会は、「文章構成」「話の組み立て方」のレッスンとしてもしっかり聞いていてくださいね。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら


『変な音』(夏目漱石)

●夏目漱石の短編『変な音』

共鳴のテクニックを高める朗読トレーニングに、夏目漱石の『変な音』を使いましょう。

冒頭部分をPDFファイルにしてこちらに用意したので、ダウンロードしてお使いください。

共鳴の感覚は、ある程度の高さで、ある程度の声量で長く伸ばした声であれば、捉えやすいでしょう。

ところが、普段の会話では、高さも歌ほど高くないし、声量もビンビン張り上げるわけではない。しかも、一つ一つの音が短い。

なんと、響きを捉えるための条件がことごとく厳しくなるわけです。まるで三重苦ですね。

だから、歌えばキレイに響かせられる人も、会話になった途端、なんだか響きに乏しい、生っぽい喉声になってしまいます。

でも、がっかりしないで、逆に考えましょう。「できるようになったら、多くの人にはできない特殊技能が身につく」と。

丁寧にじっくりと、時間をかけて練習するから、大丈夫です。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
https://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

話し方と言霊(ことだま)の関係とは

●言霊(ことだま)に対する適度なスタンス

日本には昔から「言霊」(ことだま)という考え方があります。

言葉が現実になる、という思想ですね。

言霊をどのくらい強く意識しているかが、話し方に影響を及ぼします。

言霊の意識が強ければ強いほど良い、というわけではありません。

ここは最も大事なところですから、正確に読んでください。

強すぎれば迷信に縛られやすくなり、地に足のついていない、非現実的な感覚の話し方になりかねない。

「4は死、9は苦」だからと4号車や9号室を飛ばして番号を振るケースはあるし、日本社会では一定の理解も得られるものの、「し」と「く」の音を含む言葉をすべて避けたくなったら、明らかに行き過ぎでしょう。

ネガティブな印象を与える言葉や文字に過敏になって、「メロスは激○した」「王様は人を○します」のような伏字を連発するかもしれません。

良い話し方、良いコミュニケーションにつながるスタンスは、もう少し精妙なバランス感覚を要します。

次の2点に気をつけて、良い話し方を目指しましょう。

1. 「言霊」的なマイナス影響に自分は過敏にならない

受験の前に「滑る」「落ちる」といった言葉を聞いて、発言者をなじるほど本気で嫌がるとしたら、過敏です。

他人の言葉に過敏に反応している暇があったら、受験にプラスになる勉強をしたほうがどれほど合格に役立つか。

「良い意味の鈍感さ」は言葉に対しても必要です。

2. ただし「聞き手の意識には影響を与える」と知って話し方に気をつける

しかし、かといって、「滑る」「落ちる」といった言葉を気にしている人に、「そんなの気にしすぎ」「気にするほうがマイナスだよ」とばかりに「落ちる、落ちる」と連呼したら、嫌がられます。

良いコミュニケーションにならず、良い関係につながらない、ということです。

こうして発声や話し方のトレーニングをしているあなたなら、「あ、そうか。言葉に対して私が過敏なのかも」と自分の姿勢を見直そうとするかもしれませんが、世の中の人々がみんなそうとは限りません。

「嫌なことをわざと言って嫌がらせをする」としか思わないでしょう。

忌み言葉も、そうですね。

あなたがいくら「結婚披露宴のスピーチで“別れる”“切れる”と言ったからって、それが原因で別れるわけがない」「お葬式で“重ね重ね”と言ったからって、それが原因でまた誰かが亡くなるわけではない」と知っていても、コミュニケーションの姿勢として、相手の感覚や価値観を尊重できるだけの余裕がほしい。

答えは場にあり、答えは相手にあり、ですからね。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:https://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら