動作の最適化

●話すのも書くのも動作


【喉あけのメリット】






  • 共鳴に頼れるから、声帯が疲れない
  • 確信している時の発声になるから、説得力が増す
  • 幼く生っぽい声を卒業して、成熟した深みのある声になる
  • 歌声も格段に良くなる
  • 喉頭(声帯)がリラックスした位置に来るから、動作として自然

喉が十分に開くと、共鳴を捉えやすい発声になります(共鳴発声法)。

声帯に負担がかからないから、嗄声になったりポリープができたりすることなく、楽に話し続けられます。

話し声だけでなく、歌声もよくなります。カラオケでちょっと歌うにしても、喉が開いているだけで「明らかに違う」「聴いていて気持ちいい」声になる。

しかも、喉頭(喉仏があるところ)が適度に下がってゆったりするから、動作として無理がかからず、心理的にもリラックスしていられます。

喉あけは、良いことづくめですね。




●何級まで進めましたか?


喉あけは何級まで進むことができましたか?

感想やご質問も含め、ぜひこちらのフォームから聞かせてください。

お名前:
ふりがな:
メール:
合格した級やご質問など:




●動作を最適化したいなら、「オンライン声のサロン」で


肩甲骨や股関節の使い方を最適化すると、話し方や発声にとどまらず、日常生活がことごとく楽になり、エネルギッシュに生きられます。

朝起きてから夜寝るまでの動作を、すべて最適化してみましょう。

オンライン声のサロンで共鳴発声法を学んでみる


※オンラインで「声のサロン」を受講する方法は、こちらのページから