発声や話し方を仕事にしよう

言語戦略研究所所長の齋藤匡章です。

今、「声のサロン」で学んでいる会員には、
声を自分の仕事にしてほしいと思っています。

声や話し方そのものを仕事にするような、
話し方講師やボイストレーナー、声優、アナウンサーばかりでなく、
「話し方を今の仕事と融合させる」のも一つの選択肢でしょう。

お友達ができなくて悩んでいる小中学生に発声や話し方を教えて、
学校で楽しく過ごせるように支援するキッズボイスは、
まさに声そのもの、話し方そのものの指導ですね。

新潟ヨガ教室のインストラクターは、発声を鍛えることで
ヨガ指導のクオリティを高め、生徒さんたちの役に立とうと
真摯にトレーニングをしています。

着物の着付け教室の先生は、着付けを指導する際の
非常に近い距離での発声、話し方に苦心し、
声のトレーニングで発声コントロールを身につけています。

講師として全国を飛び回っている会員は、
指導時の発声、話し方だけでなく、
関係者との関係の構築に話し方トレーニングを活かしています。

「癒し」の業界に転職した方は、新しい仕事にふさわしい
声と話し方を身につけようと真剣です。

このように発声や話し方には、ほとんどすべての仕事と融合できる
柔軟性と可能性があります。

せっかくこうしてトレーニングを積んでいるのだから、
ぜひとも「稼げる」ようになってください。

趣味や教養として声や話し方を学ぶのも素敵ですが、
できることなら、その能力を活かして人の役立ってください。

役立っているかどうかの一つの目安が「稼げる」ということ。
だから「声のサロン」では、「どうやって仕事にするか」
「どうやって仕事に活かすか」までサポートしたい。

もちろん無理にとは言いませんから、
私から「こんな仕事をやって」と押しつけることはありませんが、
セルフプランとして「今はこんな状況」「こんなことをしたい」
という話をぜひ聞かせてください。

* * *

言語戦略研究所「声のサロン」 齋藤匡章
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です