話し声の改善に有効なトレーニング方法は?

●どんなトレーニングをしたら話し声がよくなるか

 

話し声を改善したい方から、こんなご質問があります。

「自分の話し声が嫌いです。話し声を変えるのに役立つトレーニングを教えてください」

答えは、「共鳴発声法による朗読」です。

その他のトレーニングは、「共鳴発声法による朗読」トレーニングを支えるためのトレーニングといえます。

逆にいうと、話し声の改善がうまくいかないケースが多い原因は、この「共鳴発声法による朗読」トレーニングが成功していないから、と考えられます。

今日は2つのポイントからチェックしてみましょう。

・共鳴感覚が分かっているか
・共鳴発声法を崩さずに朗読できているか

この2点です。

 

 

●共鳴感覚が分かっているか

 

朗読の際、眉間のあたりから共鳴の響きを逃さないのが基本です。

しかし、逃がさない以前に、共鳴感覚が捉えられていないケースが多い。

共鳴感覚を捉えるトレーニングには、イタリア古典歌曲を使います。

比較的高めで、しかし高すぎない音域(上のレ、ミあたり)でピーンという響きを捉える練習をしましょう。

最初は「イ」母音が簡単です。

喉開けや縦開きや横隔膜のコントロールは、この良い響きを楽に捉えるために必要な要素です。

また、話し声なのに歌でトレーニングするのは、「しゃべりで共鳴を捉えて逃さない発声は、母音が短くて歌より難しい」からです。

かといって、単に母音を「あ~~~」と伸ばすだけの練習では、シンプルすぎて話し声の繊細な変化とかけ離れているばかりか、退屈で長続きしません。

入り口は歌、そこから話し声へと移行しましょう。

歌そのものが楽しくなれば、しめたもの。もう良い話し声を手に入れたも同然です。

 

 

●共鳴発声法を崩さずに朗読できているか

 

次のポイントは、「共鳴発声法を崩さずに朗読できているか」です。

歌に比べて朗読(話し声)は、母音が伸びない分、粗が目立ちにくい。

だから、響きを逃して「ただ読むだけ」になっていても、自分では気づきにくいものです。

「親譲りの無鉄砲で──」(夏目漱石『坊っちゃん』)と朗読するとき、「むてっぽうで」の「ぽうで」あたりで響きを逃がしてしまっているのに、「むてっ」が力強く充実しているように感じると、それで満足してしまう。

共鳴感覚を常に意識して響きをキープし、有効なトレーニングをしましょう。

共鳴をちゃんと集めて捉えているかどうかは、レッスン(声のサロン)時に私が診断しますから、大丈夫です。

良い響きを捉えてキープできたときは、「今の声!」「イイ声!」「それ!」などと言いますから、そのときの感覚を体で覚えておいて、毎日の練習時に再現してください。

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室、東京校と新潟校についてはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です