日本語の高低アクセントを攻略しよう(喉で音程を取らない)

●ポイントは「喉で音程を取らない」

日本語は高低アクセントの言語です。

だから私たちが話すときは、声の高低(ピッチ)をコントロールする必要があります。

英語のような強弱アクセントの言語とは、かなり事情が異なります。

英語の「desk」と日本語の「デスク」を比較してみましょう。

英語のほうは母音が「e」しかないので、ここが強く発せられます。日本語と比べて、自然に「気持ち長め」になりますが、長さは必須の条件ではありません。

短めに発しても、長~く「デェスク」のように発しても、意味の区別はない、ということです。

日本語の「デスク」は、「デ」が高く、「スク」が低くなります。ただし、「ス」が無声化するケースが多いので、感覚的には「デス」がかたまりで高く、「ク」で下がるように感じられるかもしれません。

英語の「desk」と日本語の「デスク」の顕著な違いは、前者が「強い母音」としてしっかり発せられるのに対し、後者の「デ」は強弱に関して無造作に発せられるところ。

「しっかり発する」と「無造作に発する」の違いは、どこに現れるか。

「音程の取り方」です。

しっかり発しようとすればお腹(横隔膜や腹部周辺の筋肉)を使い、無造作に発しようとすれば喉で音程をコントロールするようになります。

だから日本人は、喉で音程を取って話す「喉声タイプ」が多いのです。

 

●喉で音程を取らない、お腹で音程を取る

共鳴発声法で「喉で音程を取らない」感覚を身につけましょう。

声楽家や歌を習ったことのある方なら、指導者から「喉で音程を取らない!」「お腹で音程を取る!」と言われた経験があるでしょう。

世界中の声楽家たちが、修業時代にたいてい指摘を受けるこのポイントですが、私たち日本人は特に下手なのだそうです。

音高(ピッチ)の変化は、声帯の形状(長さ)を変化させることによって生じるので、この点を捉えて「喉で音程を取っている」と表現しても解剖学的には間違いではないかもしれません。

しかし発声的には、つまり「良い声で話す」という目的にとっては、間違いです。

声帯をコントロールするために、声帯をダイレクトに操作しようとすると、不適切な力みが生じたり、喉頭が上がったり咽頭腔がつぶれたりして、「声の質」が低下します。

意識するのは喉ではなく、喉を抜いた「上と下」。

この「下」がお腹であるわけですね。

 

●声の質がどう低下するか

今、「喉で音程を取ると、声の質が低下する」と言いました。

具体的には、どうなるのか。

二例挙げます。

まず、「生っぽい喉声になる」。

歌で高音が出てきたとき、「裏声に逃がさないで」と言われて喉で持っていこうとすると、苦しいような、平べったいような、幼いような、剥き出しのような、声になりますね。

それです。

もう一例は、「気の強さを思わせる鋭さを帯びる」。

早口のマシンガントークで、高アクセントがキュッと裏声ぎみになる話し方、分かりますか?

「だから、そう言ってるでしょ!?」

文頭の「だ」、「言ってる」の「て」、最後の「しょ」を思いきり高く、裏声ぎみに読んでみてください。

そう、この感じです。

お腹で音程を取るようになると、このような発声を卒業して、艶のある澄んだ大人の声を身につけることができます。

というより、お腹で音程が取れるようになってから、声を磨いていくんですけれどね。

 

●「イイ腹してる」が褒め言葉

ある声楽家がこんな話をしていました。

歌が上手な人に向かって「イイ喉してるね~」と褒める習慣が元凶だ。だからみんな喉で声を出すと思い込む。「イイ腹してるね~」と褒めないといけない、と。

いいですねえ、「イイ腹してる」。

発声は、頭で考えながらコントロールするのではなく、体が適切に動くまでひたすら練習を繰り返す点で、楽器の演奏やスポーツに似ています。

日々のトレーニングで、あなたの技術は着実に高まっていきます。

トレーニングは「積み重ね」ですからね。

毎日のトレーニングで、良い声の「貯金」をしているようなものです。

もちろん、「正しいフォームで、適切なポイントを意識しながらのトレーニングであれば」という条件はありますが、トレーニングに割いた時間が「良い声貯金」として積み立てられていきます。

良い声をしっかり貯めていますか?

お腹で音程を取るトレーニングの分も、しっかり貯めていきましょうね。

※声のサロンは、良い声で話せるようになる
 ボイストレーニング話し方教室です。
 日本発声協会が認定する話し方発声法の基本、
 共鳴発声法が学べます。
 平日コースと週末コースがあり、フェルマータを会場に
 月2回ずつ開催されています。

 新規に受講をご希望の方は、事務局(メイフェア)まで
 お電話(025-211-7007)ください。

 詳しくはこちらから。
    ↓
http://mf07.com/lecture.html

* * *

新潟市で共鳴発声法の話し方レッスン
ウェブ:http://wsi-net.org/
メール:tenor.saito@gmail.com
子供向けの話し方教室についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です